スタッフブログ

2018年6月

レクレーション部でさくらんぼ狩り!

先日の6月24日の日曜日、教習所は休校日だったので、今年はこの日にレクレーション部の日帰りバス旅行を企画しました。

今回は、クラブツーリズム主催の「二種のさくらんぼ狩り食べ放題と初夏の上州てんこ盛り!アジサイと果物大収穫の旅」というツアーに6名で参加してきました。

加須駅前740分出発で、さくら観光バスが迎えに来てくれて、その後、羽生市役所前で、また乗せて総勢40名になりバスは、ほぼ満員になりました。

そして、羽生インターより東北自動車、北関東道、関越自動車道と走り、沼田の方へと向かいました。

天気はというと、最初は曇っていたのですが、前日までの

雨っぽい天気とは打って変わって、晴天となり、暑い一日と

なりました。

バス(ブログ用).jpg

 















まずは、原田農園というところで、メインのさくらんぼ狩りを最初に楽しみました。

私は、昔に一度、場所は違いますが行ったことはあり、楽しかった思い出として残っているので、今回もワクワクしました。

参加メンバーの中には、初めてのさくらんぼ狩りという人達もいましたので、すごい楽しんでいたようです。


 

さくらんぼ1.jpg さくらんぼ2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 








いちご狩りとかもそうですが、小さいものって、いっぱい採れるので本当に楽しいですよね!

佐藤錦と紅秀峰という二種類のさくらんぼがあって、とても甘くて美味しかったですよ。

嫌っていうほどたくさん食べてしまいました。(≧▽≦)

 



その後、今回の昼食はお弁当だったのでバスの中で配られた、まいたけ弁当を食べ、次の目的地である

地酒の酒蔵「誉国光」へと向かいました。


 

酒蔵2.jpg酒蔵1.jpg

 

 

 

 

 

 











そこで、お酒の試飲や買い物をし、そして今度は、吹割の滝へと向かいました。

ここも昔行ったことはあるのですが、かなり遠い昔で、あまり記憶に残っていなかったので、行けてよかったです。

東洋のナイヤガラと言われる滝なのでさすがに観光客がすごかったです。

 

滝1.jpg 滝2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 






ただ、例年よりは、水量が少なく、迫力に、ちょっと欠けていたようです。

でも、すごかったですけどね!(;^ω^)

 


そして、いよいよ観光最後となります渋川市にある小野池あじさい公園へと向かいました。

あじさい公園2.jpg あじさい公園1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 







ここは、私もメンバーも初めての場所だったし、それに、この時期しか見られないあじさいの花なので、ほんとに良かったと思います。

家の近くでもあじさいの花は、たしかに見ることはできますが、ここの公園で見るあじさいの花の規模が違います!

これほどの多くのあじさいの花々を見たのは初めてです!

ちょっと感動ものです!(*^^*)

ここも行けてよかったと思いました。

 

あじさい2.jpgあじさい1.jpg

 

 

 

 

 

 

 










これで全ての行程が終わり、帰路へと向かったのですが、今回のツアーは、全員がもらえるお土産の量がすごかったです!

野菜とかパイナップルまるごと1個やメロンもまるごと1個とかもらえまして、あと小さなもの色々もらったりして、旅行名にあるような盛りだくさんのツアーでした。

参加した方、みんな喜んで頂けて本当に良かったです!

また、来年も開催しますので是非ご参加くださいね!

 

 

                          by. レクレーション部長

2018年06月30日

指導員半端ないって!!

すいません!W杯真っ盛りなのでタイトルから飛ばしていってしまいました!(*´▽`*)


指導員デビューしてから早いもので3ヶ月

未だに緊張しつつやっております(笑)

この3ヶ月で思ったことと言えば・・・



( ̄▽ ̄).。◌〇(さみしいな・・・)


色々とお話をさせて頂いたお客様はみんな二段階へ、そして卒業へ。。。
(僕は現時点では場内しか担当できない)



いや。。。

良いことですよ。。。?

嬉しいことですし。。。

あ!あれだ!あれに似ている!!
娘を嫁に出すあの感情だ!!








































。。。。あ!でもまだ子供いなかった(笑)(笑)


僕は今、普通車の路上に出る準備と共に
普通二輪取得に向け練習をしております!


早く取得できるように皆様と共に頑張りましょう!!(´・ω・`)ノ


あ、あとポーランド戦頑張れニッポン!!


野本和哉



2018年06月26日

視線を上げて......

先日の休みの日に教習所の職員の方達と、
とある船を観に行って来ました。
その時の写真です。




1枚目
IMG_2638.JPG






2枚目
IMG_2639.JPG




変わった所の船ですが、この写真を見て、
1枚目と2枚目で、長島指導員の顔の位置を見て下さい。
1枚目では下へ、2枚目では先へ、
どちらの方が周囲の状況が見えるでしょうか?
教習・運転にも言えることですが、
乗り物を操作する上では必要なことです。
この船は気にしないでいいので教習で皆さん意識してみて下さい。

......ちなみに、負けました。






                    船乗り

2018年06月22日

私の教訓。

先月31歳の誕生日を迎えました!

諸先輩方からすれば、まだまだただ若造かもしれませんが
私的には、ずいぶんを歳をとったなぁという感想です。

そんな私のペラペラな人生ですが、これまで31年間で心に残った言葉といいますか。。。。
私個人が教訓にしており、かつ教習生の皆さまにも役立つのではないかという言葉をいくつか紹介します。
もし皆様の今後の教習に少しでも役立てれば光栄です。




【練習は本番のように、本番は練習のように】


一見、矛盾したような言葉かもしれませんが。。。。

練習時は、本番を想定し緊張感を持って練習に取り組みなさい。
また本番時は、練習時を思い出し過度に緊張せず本番に臨みなさい。

という心構えを示した言葉です。

教習でも練習では出来たことが、本番になると考え過ぎて
出来なくなってしまうことはよくあります。
例えばクランクなんかも、教習では一回も失敗したことがないのに
検定で初めて失敗してしまったということは決して珍しい事ではありません。

そんな方には、この言葉を戒めてみて下さい(´・ω・`)




【本番で100%を発揮するには、
練習で120%を作らなければならない】
               

練習に練習を重ね、本番が一番よくできた!!というのが理想です!。。。
そう思いたいのは山々ですが、、
残念ながらそれは理想です(笑)
まぁもちろんそういうこともあるとは思いますが、
本番が一番良い出来。という確率は非常に低いです。

こと教習に関して言えば、
『いや~、検定が今までの運転で一番よくできたな~!!(≧▽≦)』
ということは、ほとんど聞いたことがありません(悲)


つまり、本番では過去最高のパフォーマンスは出にくいということなんです。(悲悲)

ここからは概念的な話になってしまいますが、

練習で100%では、本番で100%は出せません
本番を100%に近い数字をたたき出したい場合は、
練習では、ありとあらゆること想定し、
不安要素を徹底的にあぶり出し、
100%を超える出来を完成させるという意識を持つということが必要ということなのです。


総括すると、しっかり練習して下さい!って言葉です(笑)

どちらも心構えを表したものですが、
もし共感してくれた方がいらっしゃいましたら参考にしてみて下さい。

それではまた( ̄▽ ̄)ノシ



2018年06月02日

お気軽にお問い合わせください TEL.0480-65-1212

お問い合わせをする

資料請求をする

仮申込をする